>お役立ち情報>大人気の医療機関の事務の仕事をしてみよう

大人気の医療機関の事務の仕事をしてみよう

医者と看護師

医療事務の具体的な業務内容

医療事務は、クリニックや病院などの医療機関に診療のために来た患者の様々な対応業務をすることになります。受付業務・会計業務・施設の案内などがあり、不安を抱えて来院している患者に対して優しい対応が求められるお仕事です。また、ソフトな対応をするといっても、医療費の計算をする時は、患者の待ち時間を少なくするために、スピーディーでありながら正確な対応が求められます。保険者に対して、診療請求をするのも医療事務のお仕事で、専門的知識が必要になり「技術職」とも言われることも。医療に携われるとお仕事で、無くなることが少ない医療機関での勤務なので長期間勤務できるので、女性に大人気のお仕事です。基本的に座り仕事で体力もそれほど要求されず、空調が効いた室内での勤務となり、女性の柔らかい対応が好まれる業務内容なのも、女性に人気な理由。基礎的知識がしっかりあり、そして患者の為を思う強い気持ちがあれば、たとえ経験が無くても、採用するという医療機関は少なくありません。

診察室

医療事務はニーズが多い仕事です

日本の高齢化率は世界最高の「28.4%」で、65歳以上の高齢者は推計3588万人いるとされるのが、国内の状況です。一般的には、高齢者は歳を重ねるごとに体のどこかに不調が出るようになり、医療機関で診療してもらう機会も多くなってきます。そのため、医療機関の需要は高くそこで勤務する従業員のニーズも有るため、将来的にも比較的安定して勤務できるでしょう。保険者に対する診療請求を行うには、専門的知識が必要となり、医師や看護師だとしてもできることではありません。そのため、医療事務は医師や看護師などの他の医療スタッフから専門性が認められ職場から必要とされるので、ニーズがあります。AIやコンピューター技術などが進化したとしても、医療機関での受付業務という無人で済ますということは、今の所考えられないです。そのため、受付要員としての医療事務スタッフのニーズは、暫くは無くなることは無いといえるような状況だといえます。