>特集>家庭を抱えていても働ける?医療事務の働き方

家庭を抱えていても働ける?医療事務の働き方

受付

医療事務は求人が多い

医療事務の活躍の場は、病院やクリニック以外にも、調剤薬局や市会員など多岐に渡ります。
そのため、全国どこに行っても、働く場所には困らないといわれています。
実際に仕事を探してみると、多くの求人情報に出会えるので、自分の理想とする働き方ができる職場を探してみましょう。

脳

シフトが柔軟に組めて働きやすい

医療事務の仕事は、正社員から契約社員、パートと様々な業務形態で働くことができます。
また、昼間のフルタイムや短時間勤務、夜勤など一日中働けるチャンスがあるので、シフトの希望が出しやすいというメリットもあります。

医療事務として働くまでの道のり

医療事務

医療事務の資格を取得する

医療事務の仕事は無資格でも就職できますが、資格があれば一眼で実力を示せるため、面接で即戦力としてアピールできます。

医療事務の求人情報をチェックする

インターネットや求人情報誌を使って、医療事務の求人を探しましょう。
医療事務の専門求人サイトを利用すると、短時間で情報を検索できます。

医療事務の求人に応募する

勤務形態や給与など、気に入った募集があれば早急に応募しましょう。
医療事務は人気の高い仕事なので、応募が締め切られる前に申し込むことが大切です。

面接を受けて採用連絡を待つ

医療事務の書類選考や面接を受けて、自身の能力とやる気をアピールしてください。
採用が決まれば、後日担当者から連絡が来るでしょう。
連絡がきたら、担当者の指示に従って勤務日に備えます。